【サーモンランの間欠泉攻略】特殊WAVE攻略の知識を身に付けよう

金シャケ出現

スプラトゥーン2ではサーモンランという新しいモードが登場しています。

スプラトゥーン2のサーモンランで特殊WAVEの時はハコビヤ」「グリル」「」「間欠泉のどれかがランダムになります。

いずれも無事にノルマクリアをするためには知識が必要となります。

全てのステージ共通ですが、まず以下のことを頭に入れてください。

間欠泉のハズレには、ミリ単位の光しか出さない水流(小光)とセンチ単位の光を出している水流がある(大光)

間欠泉のアタリを見つけるにはハズレの光加減と水脈を参照する必要がある

■ノルマが高いほど、間欠泉から出現する雑魚沸きが早く大量に沸く

■金シャケが出現しても、出現場所がカゴから遠い場合むやみに攻撃して金イクラを出さない

HPMAXの金シャケを1回で倒した場合、場に出現する金イクラは低ノルマで約17個、高ノルマで約18個(ノルマによって排出される数が増減します)

真っ先にコンテナ側から間欠泉を開けるのは厳禁

以上を踏まえた上で、全ステージの間欠泉攻略を見ていきましょう!

間欠泉の小光と大光の見分け方について

間欠泉

左側が間欠泉の小光、右側が間欠泉の大光になります。

大光であれば近くにアタリがあるという目印ですが、その近場にある間欠泉の中から予想をして慎重に開ける必要があります。

金シャケが近いからといって、時間短縮のために適当に近場の間欠泉を開けるとハズレを引いて雑魚シャケが沸いてしまう可能性が高いので要注意です。

ステージⅠ:シェケナダム

マップ1

通常waveは、まずFを開けてください

マップ2

が、ハズレ(大光)であった場合は、Fと直結しているC・D・Eのいずれかがアタリです。

C・D・Eのどれが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してE→D→Cの順番で開けてください

マップ03

が、ハズレ(小光)であった場合は、Fと直結しているC・D・Eも同様にハズレだと判明します。

ハズレ(小光)だった場合は、次にを開けてください。 が、ハズレ(大光)であった場合は、Gと直結しているA・B・Hのいずれかがアタリです。

A・B・Hのどれが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してH→A→Bの順番で開けてください。

マップ12

Fが、ハズレ(小光)であった場合は、Gと直結しているA・B・Hも同様にハズレだと判明し、Iアタリとなります。

シェケナダムの満潮WAVE

マップ25

満潮waveは、まずを開けてください。

マップ5

が、ハズレ(大光)であった場合は、Fと直結しているアタリです。

マップ4

が、ハズレ(小光)であった場合は、Fと直結しているも同様にハズレだと判明します。

そのため、残ったA・B・Gのいずれかがアタリですが、これらを見極める方法はありません。

よって、安全性を考慮してG→A→Bと開けていきましょう。

シェケナダムのオススメ金イクラ回収ゾーン

マップ3

シェケナダムは金網含めて移動に時間がかかり、金イクラ運搬が大変です。

そのため、上記の黄色ゾーン内に落ちた金イクラを回収し、それ以外の金イクラは放置して ノルマに達しなかった場合は次を開けていくのがベストです。

ステージⅡ:ドンブラコ

 

donbur1

通常waveは、まずを開けてください。 を開ける順番は問いません。

donbura2

が、ハズレ(大光)であった場合は、Bと直結しているA・D・E・のいずれかがアタリです。

donbura3

が、ハズレ(大光)であった場合は、Cと直結しているA・D・Fのいずれかがアタリです。

donbura4

次に、の結果を照らし合わせます。

ハズレ(大光)であった場合は、

『BもCも直結している』条件を満たすA・Dのどちらかが アタリだと判明します。

A・Dのどれが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してD→Aの順番で開けてください。

 

donbura5

ハズレ(小光)ハズレの(大光)であった場合は、『Bが直結せず、Cが直結している』条件を満たすFアタリだと判明します。

donbura6

ハズレ(大光)ハズレの(小光)であった場合は、『Bが直結して、Cが直結してない』条件を満たすEアタリだと判明します。

donbura7

が両方ともハズレ(小光)の場合は、『BもCも直結してない』条件を満たすG・Hのどちらかが アタリだと判明します。

G・Hのどれが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してG→Hの順番で開けてください。

ドンブラコの満潮WAVE

donbura8

満潮waveは、まずHを開けてください。

donbura9

Hが、ハズレ(大光)であった場合は、Hと直結しているF・Dのどちらかがアタリです。

F・Dのどれが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してF→Dの順番で開けてください。

 

donbura10

Hが、ハズレ(小光)であった場合は、Hと直結していないアタリです。

donbura11

万が一にもAを開けてしまった場合、開けられてしまった場合の対処です。

donbura15

が、ハズレ(大光)であった場合は、Aと直結しているアタリです。

donbura14

 

 

が、ハズレ(小光)であった場合は、Aと直結していないF・Hのどちらかがアタリです。

F・Hのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してH→Fの順番で開けてください。

マップ11

ドンブラコは船外で金イクラを排出させると、運搬にかなりの時間がかかります

そのため、上記の黄色ゾーン内に落ちた金イクラを回収し、それ以外の金イクラは放置して ノルマに達しなかった場合は次を開けていくのがベストです。

ステージⅢ:海上シャケト場

マップ12

通常waveは、まずを開けてください。 AとDとGを開ける順番は問いません。

いずれか1つハズレ(大光)になりますので、三手に分かれて開けるのが手っ取り早いです。 ハズレ(大光)を見つけた人は「カモン」を使って全員を呼びましょう。

マップ14

が、ハズレ(大光)であった場合は、Aと直結しているのどちらかがアタリです。

B・Cのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してC→Bの順番で開けてください。

マップ15

が、ハズレ(大光)であった場合は、Dと直結しているのどちらかがアタリです。

E・Fのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してF→Eの順番で開けてください。

マップ13

が、ハズレ(大光)であった場合は、Gと直結しているのどちらかがアタリです。

H・Iのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してH→Iの順番で開けてください。

海上シャケトの満潮WAVE

マップ14

満潮waveは、まずのどちらかだけを開けてください。

マップ16

が、ハズレ(大光)であった場合は、Cと直結しているのどちらかがアタリです。

B・Eのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してB→Eの順番で開けてください。

マップ17

Hが、ハズレ(大光)であった場合は、Hと直結しているのどちらかがアタリです。

E・Iのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため、安全を考慮してI→Eの順番で開けてください。

マップ17

シャケト場は視界の悪さ・金網のせいで、発見と運搬に時間がかかります

そのため、上記の黄色ゾーン内に落ちた金イクラを回収し、それ以外の金イクラは放置して、

ノルマに達しなかった場合は次を開けていくのがベストです。

ステージⅣ:トキシラズいぶし工房

マップ18

通常waveは、まずを開けてください。 FとGを開ける順番は問いません。

マップ18

が、ハズレ(大光)であった場合は、Fと直結しているのどちらかがアタリです。

BとDのどちらかが当たりだと判明しても、B・Dのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため

安全を考慮してD→Bの順番で開けてください。

マップ19

が、ハズレ(大光)であった場合は、Gと直結しているのどちらかがアタリです。

 

CとEのどちらかが当たりだと判明しても、C・Eのどちらが当たりかは見分ける方法が存在しないため、

安全を考慮してE→Cの順番で開けてください。

マップ20

(小光)だった場合は、消去法でアタリです。

トキシラズいぶし工房の満潮WAVE

マップ20

満潮waveも、通常waveと作業は変わりません。 まずを開けてください。

マップ21

が、ハズレ(大光)であった場合は、Fと直結しているアタリです。

マップ22

が、ハズレ(大光)であった場合は、Gと直結しているアタリです。

マップ23

(小光)だった場合は、消去法でアタリです。

マップ22

トキシラズは対岸で金シャケが出現した場合、そこで金イクラを出しても運搬に時間を取られるので

金シャケがこちら側に来るまで待機攻撃準備が理想です。

そのため上記の黄色ゾーン内に落ちた金イクラを回収し、

それ以外の金イクラは放置してノルマに達しなかった場合は次を開けていくのがベストです。

しかし、トキシラズの満潮は、対岸で出た金シャケは必ずコンテナ側に来ます

間欠泉の満潮ステージで対岸の間欠泉でアタリを引いても無闇に殴らず、コンテナ側で待機するほうが金イクラを回収しやすいので覚えておきましょう。

ステージⅤ:朽ちた箱舟ポラリス

朽ちた箱舟ポラリスは間欠泉がどこにあるか・自分がどの方角を向いているかが分かりにくいステージです。

ポラリスは背景に建物があり、ライドレールが通る出っ張りが存在しない面が「干潮側」の目印です。

pora_image1

画像下段のように建物の明かりが消えたら特殊waveの合図です。

pora_image2

ポラリスの通常waveでは、まず最下層にあるを開けてください。

pora_image3 pora_image4

G・Fともにハズレ(大光)であった場合は、『GもFも直結している』条件を満たすアタリだと判明します。

pora_image5

◎注意

ポラリスの通常waveにおいてはどの間欠泉とも繋がっているので、アタリではない場合必ずハズレ(大光)になります。

アタリを探す材料にならないうえ、コンテナ周りに雑魚が溢れてしまうため
アタリが確定するまで開けないようにしてください。

pora_image6

ハズレ(大光)ハズレ(小光)であった場合、
『Fと直結せず、Gと直結している』条件を満たすアタリです。

pora_image7

ハズレ(小光)ハズレ(大光)であった場合、
『Gと直結せず、Fと直結している』条件を満たすアタリです。

C・Dのどちらがアタリかは見分ける方法が存在しないため、
安全を考慮してC→Dの順で開けてください。

pora_image8

G・Fともにハズレ(小光)であった場合は、
『GもFも直結していない』条件を満たすアタリだと判明します。

pora_image9

ポラリスは下層で金イクラを排出させると運搬がかなり大変です。
コンテナのある最上段とその一段下(黄色のゾーン)で金シャケを攻撃、イクラ回収するのがベストです。
コンテナのすぐ近くに間欠泉があるので、ブラスターやボムなどでうっかり開けないよう注意が必要です。

朽ちた箱舟・ポラリスの満潮WAVE

ポラリスでは、通常waveと満潮waveで間欠泉の繋がりが変わります。

pora_image10

満潮WAVEでは、まずEを開けてください。

pora_image11

Eハズレ(大光)であった場合、Eと直結するアタリです。

pora_image12

ハズレ(小光)であった場合、Eと直結していないアタリと判明します。
どちらがアタリか見分ける方法は存在しないため、Aに注意しながらBとDを開けましょう。

全ステージ共通:金イクラ・雑魚シャケの護衛役について

サーモンランの間欠泉攻略のためには全ステージ共通で護衛役が必要となります。

「護衛役とは」・・・金シャケから金イクラを大量に出したとしても、タマヒロイ(雑魚シャケ)によって回収されてしまいます。また、ハズレの間欠泉を開けた場合、シャケやドスコイなどが出現するでしょう。金イクラ回収だけでなく、金イクラを守る人や雑魚シャケを処理する人のことを護衛役といいます。

上記の全ステージの金イクラ回収ゾーン(黄色枠で示している箇所)内であれば、護衛役は必ず1人必要となります。

しかし黄色ゾーン外であれば護衛役が必要になるかどうかは、その時の状況によって大きく変わります。

■ノルマ達成していないが、その場に出ている金イクラの数でノルマクリア可能な時

護衛役が必須

■ノルマ達成していないが、その場に出ている金イクラの数でノルマクリア不可能な時

次の間欠泉を開けるべき。次のアタリから護衛をする

雑魚シャケやタマヒロイの処理を主に担当する武器

基本的に雑魚シャケやタマヒロイ処理はシューターローラー系の武器をオススメします。

処理担当として適していないのはブラスター。爆発によるインク飛散で、まだ手を付けていない間欠泉を開けてしまう可能性があるからです。

そうなると更に雑魚シャケが出現するので、ブラスターは護衛役として不向きであるといえます。(確実に間欠泉へ攻撃が当たらない場所なら問題なし)

間欠泉ではボムの取り扱いにも注意

タマヒロイや間欠泉のハズレから湧く雑魚にボムを投げる場面も多いでしょう。しかし、ボムの爆発によってまだ開いていない間欠泉にインクが当たってしまうかもしれません。

その場合ムダに間欠泉を開けることになるため、ボムを投げるのが多い人は絶対間欠泉に当たらないように投げてください。

番外編:攻略法を知らず適当に間欠泉を開けてしまうと大変なことに

またコチラは@cobretty_さんのツイート動画ですが、この動画を見ると1人のプレイヤーが間欠泉を開けまくってシャケが大量に湧き出ています。

間欠泉の攻略法を知らないと、近場にある間欠泉を全て開けまくって結果悲惨な状態になってしまいます。

全て開けると確かに金シャケのいる間欠泉のアタリを出すこともできますが、その分シャケが増えてイクラ回収ところではなくなります。

間欠泉のステージの際は、極力間欠泉を開ける回数を少なくすることが大切ですね。

5 件のコメント

  • こんにちは!とても詳しくまとめられていて分かりやすくて参考になります!まとめて下さって有難う御座います!
    1つ気になったところがあって最初の方に記載のある特殊waveの箇所ですが上記以外に「ヒカリバエ」「ドスコイ大量発生」が抜けてると思います。
    今後の活動も応援してます!

  • 介護すると
    ・赤イクラが多くなる。
    ・蘇生数が多くなる。
    ・タワーやカタパを処理する数が多くなる。
    ・金いくらの数が少なくなる。
    よって介護されると
    ・赤イクラが少ない。
    ・デス数が多い。
    ・タワーやカタパを放置する。
    ・金イクラが多い。
    あてはまらないように頑張ろう!

  • このサイトすごく分かりやすいし、有り難いのですが、「ハズレ」の表記いらなくないですか?

    (ハズレはどの間欠泉にも共通して言えることですし、当たりのところだけ当たりと表記すればいいように思えました)

    大・小 の表記のほうが、わかり易いと思いました。

  • こんにちは。いつも情報、まとめ作業お疲れ様です。ありがとうございます。
    さて、ドンブラコの間欠泉なのですが、Dの左下(左下のエレベーター目の前)に間欠泉がもうひとつあったと思います。開ける順番、水脈についても少し変わるのではないかと思いますがどうでしょうか?
    もし意図的に表記していないのであれば余計な事を申し訳ございません。
    今後も更新を期待しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。