【サーモンラン攻略】オオモノシャケの倒し方と解説編

4人のバイト生

スプラトゥーン2が発売され、新しく「サーモンラン」が登場しました。サーモンランとはイカ達のバイトであり、迫り来るシャケ達を倒していきながらイクラをGETしていくというものです。

ですが、敵であるシャケの中にはオオモノシャケと言われる他のシャケと姿形の違うシャケが登場します。

オオモノシャケを1匹倒すと金イクラを3つ手に入れることができますが、このバイトの本当の目的はこの金イクラを集めることです。

金イクラ

サーモンランのバイトでは1度に4人が参加することができますが、フレンドを4人集めて仲の良いメンバーのみでバイトをすることも可能です。

バイト中は十字キーで「カモン」や「ナイス」で連携を取ることができ、もしシャケに倒された場合は救出を求める「ヘルプ」を使うことができます。

いかにこれらの合図で連携を取れるかが重要になってくるでしょう。

今回はサーモンランで出現するオオモノシャケのご紹介と、倒し方や考察などをしていきます。

オオモノシャケの危険度まとめ

今からご紹介するオオモノシャケの危険度について表でまとめてみました。

オオモノシャケの種類 危険度
両翼カタパッド ★★★
低段タワー ★★★
高段タワー ★★★
コウモリの雨弾 ★★★
ヘビ ★★
バクダン ★★
コウモリ ★★
テッパン ★★
片翼カタパッド
モグラ

それでは各オオモノシャケの基本情報と倒し方について詳しくチェックしていきましょう。

両翼カタパッド(危険度高…★★★)

カタパッド

完全両翼状態のカタパッド。

 オオモノシャケのカタパッドは『対象1人にミサイル8発』か『対象2人にミサイル4発』を同時に発射することが特徴。

ミサイル箱ダメージ判定があるため、スーパーチャクチジェットパックなどのスペシャルを使用する際、

そこに接触するとデスする可能性があり、とても厄介です。

またミサイル箱以外にも、地面へ噴射しているインクにも当たり判定があります。満潮などの混戦時は近づきすぎると危険なので注意して戦うことが必要です。

カタパッドの真下へ行くと、一気にインクを浴びて浮き輪になる可能性が高いです。

他にも『プレイヤー側に不利になる数多のバグ』を抱えており、 下手にカタパッドを放置すると全滅の可能性が高まります。

わざと片方だけを残して攻撃を避けやすくする&同種の復活を防ごう

高ノルマのサーモンランでは、カタパッドを下手に倒すと何度も復活される可能性が高いです。

ボムを入れて倒すことや、処理をしに行く時間等含めて相当手間がかかります。

ですが、基本的に同種(同じ種類のオオモノシャケ)はその場に3体までしか出現しない仕様となっています。

同種オオモノシャケが3体までという穴を付いて、わざと片方だけを残した状態で残しておくことも戦略の一つです。

そうすることで『対象1人にミサイル4発』だけになり、ミサイルを避けるのに安定します。

この片方残しのカタパッドは『片翼カタパッド』と呼ばれています。

プレイヤー側から見て右側のターゲットは自身に近いプレイヤーです。

どちらを残すかは各個人自由ですが、理想は『プレイヤー側から見て左側』を落とすと良いでしょう。

左側のターゲットはランダム(検証段階)なので、仮に自分自身にミサイルターゲットが残ったとしても、他のプレイヤーに迷惑をかけずに避けやすいです。

霧WAVEや視界の悪いステージでカタパッドの出現場所を知る方法

霧WAVEやシャケト場のように視界が悪い場合は、カタパッドが出現してもすぐに発見できないことがあります。

カタパッドにターゲットされてしまった時、足元に出現するミサイル円を見てカタパッドがどこから出現したのかを把握できるので覚えておくと非常に便利です。

ミサイル円

通常のバトルで戦う時に使うスペシャルのマルチミサイルと同じ仕様なので、サーモンランに限らず通常バトルの知識としても覚えておきましょう。

基本的な倒し方

マルチミサイルを撃つ瞬間にランチャーが開くため、それを狙ってランチャー内にボムを入れる。

ボムを入れる箇所は2つあるため、味方と協力して入れることが重要。余裕があれば1人でも撃退することが可能。

高ノルマのステージでは、わざと片方のランチャーのみを破壊して放置した方が良い⇒倒した後またカタパッドが出現するのを防ぐため片翼カタパッド編で詳しく説明

カタパッドと相性の良い武器

■メイン効率が優れている武器

■雑魚処理に優れている武器(主に動きやすいシューター)

スペシャルならハイパープレッサーが有効。複数いる時はかなり厄介なので、ハイパープレッサーで本体(真ん中)を狙うとすぐに撃破することができます。

またジェットパックでも、開いているランチャー部分に攻撃を当てることで落とすことが可能。

豆知識

■スーパーチャクチで片方のランチャーのみを破壊することも可能(地上からではなく上からの攻撃のみ)

タワー

オオモノシャケ出現時に鍋がたくさん積み重なっているタワーを高段タワー、武器で攻撃後に鍋が少し残っている状態を低段タワーとしてそれぞれ説明をしていきます。

高段タワー(危険度高…★★★)

タワー

鍋が積み重なって背が高いため、遠方からすぐに視認できるオオモノシャケ

低段タワーと比べて高段タワーが厄介な点は、倒しに行く武器が制限されるということです。

武器によっては、同時に複数鍋を攻撃できるもの単体鍋しか攻撃できない武器があります。

そのためタワーを倒すべき武器が役割を放棄すると、不適応な武器が倒しにいくこととなり、

それぞれの役割が不適材不適所となって全滅する恐れがあります

基本的な倒し方

積まれているナベ全てを攻撃することで倒すことができます。一つでもナベが残っていれば生存し、そのままハイパープレッサーを撃ってくる厄介ものなので、なるべく早く倒したいところです。

タワーと相性の良い武器

■ブラスター

■雑魚処理に優れている武器(主に動きやすいシューター・弾数の多いものだとすぐに撃破可能)

真ん中から少し上辺りをブラスターで攻撃すると一回で多くのナベを落とすことが可能。

但し一撃で倒せずに低段タワーとなる恐れがあるため、しっかり最後まで倒すことが重要。

武器の攻撃が届かないようであれば、ボムを使って最後のトドメをするのもアリです。

タワー

■ローラーやチャージャーは1つずつしか壊せないため相性の悪い武器といえます。シューターやブラスター系に任せるのが無難。

豆知識

■ラピブラなどのブラスター武器なら上手く当てれば一発で撃退可能

■スペシャルのスーパーチャクチやジェットパックなどの武器でも有効(ほぼ一撃)

低段タワー(危険度高…★★★)

低段タワー

ブラスター・ハイパープレッサー等の攻撃で倒しそびれて低くなったタワーのことを低段タワーといいます。

高さが無くなった分発見するのが難しく、ハイパープレッサーでもなかなか当てづらいことが特徴です。

干潮・満潮においては攻撃が斜めではなく一直線になるため、 自分だけではなく他の味方に被弾する恐れもあり、

最悪全滅を招く恐れがあります

タワーは何段の状態であろうとハイパープレッサーの攻撃が弱くなることはないため、

1段残しにする意味は無意味どころか逆に危険度を上昇させる恐れがあります。

コウモリの雨弾(危険度高…★★★)

 

雨弾

オオモノシャケのコウモリが発射する雨の弾

攻撃が『対象』ではなく『範囲』であることから最悪4人同時でダメージを受けてしまいます

厄介なのは、降っている雨の残り時間と自分自身のHPとダメージ状態がうまく認識できずに、

まだ大丈夫だろう』と錯覚するか、『完全に逃げれなくなる』に陥るかです。

全てのスペシャルに対して雨は攻撃可能で、阻止不可能な攻撃になるため、

コウモリと雨弾の攻撃対象を選べる余裕があるのであれば、雨弾を絶対落としてください

雨弾をコウモリに跳ね返そうという考えはいりません。 どの方向でもいいので、雨弾を落とすことだけを優先してください。

コウモリの雨弾については中・長射程の武器持ちの人が対処することが望ましいため、それらの武器を持った人は意識して戦うようにしてください。

また雨弾処理はチャージャーも意識しておきましょう。

長射程だからこそ、シューターがその距離に届かなくてもチャージャーがいれば雨弾を撃ち落とすことが可能です。

ヘビ(危険度中…★★)

ヘビ

基本的にランダムで1人のプレイヤーを狙って追いかけてくるオオモノシャケ

後ろでヘビを操縦しているのが本体。

移動速度も遅くないことから、コンテナカゴ前誘導可能なオオモノシャケであると認識されている反面、

下手に多くコンテナカゴ前まで誘導すると金イクラの納品ができなくなり、金イクラの納品不足か全滅のどちらかに陥ります。

緊急時を除いて、2体目以降のヘビ(そのWAVEで存在するヘビが2体目以上)はすぐに倒すことを意識すれば安定性が増します。

ヘビはその時の状況次第で『全ての攻撃を受け付けなくなる無敵バグ』が存在しています。

詳しい発生条件は分かりませんが、そのうちの1つが『ヘビが2体以上存在する』が 起因されているため、

このバグを含めて2体目以降のヘビの扱いは注意してください。

ヘビはステージ内にあるリフトエレベーター等でターゲットが外れるので、それを上手く扱うことも サーモンラン攻略の鍵となります。

基本的な倒し方

ターゲットにされていないプレイヤーが後ろに回って本体を攻撃。ターゲット者が後ろに回り込もうとすると、とぐろを巻いて大変なことになります。

ターゲットにされている方はヘビの体をとぐろにせず、常にヘビの体を伸ばすようにして誘導をすると倒しやすい状況を作れます。

味方が近くにいない場合は、障害物を挟んだり段差を活用してヘビを上手く誘導して折り返させると楽に処理することができます。

また遠くから現れた際には、ヘビの周りにいるシャケの処理や、ヘビの体力削りを目的としてボムを投げるのも一つの方法です。

本体以外のヘビ部分には触れただけでも大ダメージを受けてしまうので注意が必要です。

ヘビと相性の良い武器

■機動力のあるシューター系

■離れた場所ならチャージャー系が有効

豆知識

■ターゲットにされているプレイヤーがプロペラのある段差に乗ると、なぜかヘビは対象を見失ってしまう。

バクダン(危険度中…★★)

バクダン

敵が近づくと大きなバクダンを出し、プレイヤーにめがけてバクダンを投げて爆発させるオオモノシャケ

移動速度が遅いことからカゴ前誘導が不向きなオオモノシャケですが、

攻撃範囲が床だけではなく壁も含まれるため、下手に放置すると後半になるにつれて辛くなっていきます。

バクダンは、ターゲットが自分の視点より高い位置にいた場合は接近する習性があり、

自分自身より下段にいるバクダンに対しては、下手に降りて行かないほうが得策です。 (ただし金網の上だとこれは適応されない。例としてトキシラズ左側の金網

バクダンはハイパープレッサー以外で倒した際に周囲のシャケを連爆で倒す効果がありますが、

稀にその効果や範囲が無くなったり、狭まったりしますので過信しすぎないでください。

バクダンを倒したのに爆弾が飛んできたり、バクダンが爆発して爆発の範囲外だったのにも関わらず、自身の周囲が敵インクになるなどのバグが存在しています。

基本的な倒し方

バクダンを投げる前に、バクダンに向かって攻撃

→攻撃が足りないとそのままバクダンを投げてくるので注意が必要

基本は一発で破壊できる武器の人がバクダンを担当するのが良し。

シューターやバケツ、ブラスター系は何発か当てないとバクダンを壊すことができない。

バクダンと相性の良い武器

■スプラチャージャーやスクイックリン、リッターなどの長射程武器

■攻撃力の強いダイナモローラーやヴァリアブルローラーでも縦振り一発でバクダン破壊が可能

豆知識

■バクダンはプロペラのある段差に乗るとバクダンを一切投げて来なくなる。

コウモリ(危険度中…★★)

コウモリ

アメフラシを発生させるロケットを撃ってくる厄介なオオモノシャケ

移動速度が速いが、停止条件が厳しい上級者向けのカゴ前誘導可能なオオモノシャケです。

コウモリは『移動→着地』してから『攻撃範囲に生存者が居ればその人をターゲットに2回攻撃』・ 『攻撃範囲に生存者が居なければ、近くにいる生存者を対象にその方角に再度移動』をします。

コウモリの停止位置は、通常wave・満潮wave・干潮waveとそれぞれ違いますが、 『決められた停止位置』が存在しています。

コウモリの停止位置』と『コウモリの攻撃範囲』を記憶しておけば、武器編成問わずで高ノルマのクリア率が格段に上がります。

コウモリは存在が厄介ですが、周りにヘビ・バクダン・雨弾が存在してない場合のみ倒しにかかったほうが安定します。

コウモリのターゲットになった人の対処

コウモリのターゲットになったと分かった方は、雨弾発射先を人が密集しているカゴ側ではなく人がいない海側に向けて発射をさせることにより、雨弾を撃ち落とす必要がなくなり、素早くコウモリを倒すことができます。

基本的な倒し方

傘に覆われている状態で攻撃しても全て無効化してくるため、ロケットを撃って本体が見える状態でコウモリを攻撃をすることで倒せる。

雨弾は射撃体勢になった際、一番近いプレイヤーに照準を合わせて発射してくる。

雨弾は撃ち返すことも可能なので、上手くコウモリに打ち返せば一撃で倒すことが可能

コウモリは離れているとプレイヤーに近づくため飛んでくるが、ジャンプした際に本体が見えるため下からの攻撃も有効。

コウモリと相性の良い武器

■特になしだが、本体をそのまま狙うならシューターが有効(本体が出てすぐ集中攻撃を開始したら撃退可能)

■チャージャー編成であれば雨弾を撃ち落としやすい+フルチャー1発で早い撃退が可能

豆知識

■コウモリは離れているとプレイヤーの近くまで飛んでくるため、コンテナ近くまで誘導させることも可能(距離を取る必要がある)

■アメフラシは雨弾が飛んできた向きに降ってくる

テッパン(危険度中…★★)

テッパン

一番近いプレイヤーに向かって突進してくるオオモノシャケ(攻撃後は対象をその人に変える)

正面はガードされているため、裏に回って本体の攻撃

移動速度が速くカゴ前誘導必須のオオモノシャケですが、その反面扱いが少し難しいです。

登場時のターゲットは『自身から近いプレイヤー』になり、状況次第でどんどんターゲットを変えていきます

しかし攻撃を受けた際は『自身に攻撃したプレイヤー』に上書きされて、ターゲットが固定されてしまいます

その習性を覚えておけば、タワー退治に向かう味方に付いて行くテッパンに対して、1発でも良いので弾を当てて一時停止させましょう。後は勝手にコチラへ向かって来るので、味方の安全確保ができます

基本的な倒し方

正面を攻撃し続けるとダウンするため、その間に後ろを攻撃するのが有効。どんな武器でも一緒だが、チャージャーよりはシューターの方が早く攻撃しやすいです。1人よりも2人で協力した方が早く倒すことが可能。

テッパンを止めた後はテッパンのお尻を味方が攻撃しやすいように向きを変えるように動けば、時間をかけずに処理ができます。

背中側からはインクが噴射されているため、止めようとする際に背中のインクに当たるとダメージを受けるので注意が必要です。

テッパンと相性の良い武器

■シューター系全般だが、他に敵がいない場合ならどの武器でも有効。周りにシャケがいる場合、チャージャー系は足場がなくなって逃げることが難しくなる。

豆知識

■一発でも攻撃を与えると数秒動かなくなり、ターゲットを攻撃者に変える

■ストーカー並に追いかけてくるため、倒すのが難しい場合はわざと段差から降り、テッパンも一緒に降りさせて時間稼ぎをすることも可能

片翼カタパッド(危険度低…★)

カタパッド

攻撃を受けて片方を落としたカタパッド

ターゲットはどちらのミサイル発射砲が残っていても『自身から近いプレイヤー』に なっています。

このカタパッドは、納品不足でない限りは残すことを維持してください。

ただし、残り時間28秒のオオモノシャケ出現を最後にオオモノシャケが出現しなくなりますので、 それに合わせて倒すのは問題ありません。

モグラ(危険度超低…★)

モグラ

一番最初に狙うプレイヤーはランダムだが、一度飛び出したら一番近くにいるプレイヤーを追いかけてくる

オオモノシャケの中でも唯一壁を登ってくる

カゴ前誘導必須のオオモノシャケです。 カゴから離れた場所で顔を出しても決して倒そうとしないでください

モグラは顔を出した後、次のターゲットは一番近いイカを追う習性があります。

モグラは一人がカゴ前まで誘導していき、他の人は別の場所を担当してください。

もしカゴから離れたところにおり、ノルマが足りない状況下で 『自分の生存』か『モグラの生存』のどちらかを選択されたら、『モグラの生存』を 優先してください。(あくまで他のプレイヤーが生存している状況

もちろん、ノルマが達成した後はカゴ前に誘導せずに倒しても構わないでしょう。

またステージの金網上にいればモグラは周りをウロウロして飛び出してくることはありません。

基本的な倒し方

モグラが飛び出す地点にボムを投げると一撃で倒すことができる。

緑のリングが出たら、その瞬間を狙ってボムを投げる準備をしておきましょう。

モグラ

ボムではなく撃ち倒すことも可能だが、時間がかかるのでボムで撃破するのが一番です。

モグラと相性の良い武器

■特になし。

足場が塗られている状態だとモグラに食われる可能性が高いため、モグラに追われているプレイヤーは足場をしっかり塗っておくことが重要。

豆知識

■コンテナ側まで誘導できれば、倒した後すぐに金イクラの回収が可能

■高低差のある場所で隅に隠れると飛び出したとしても食べられない(範囲外)

以上がオオモノシャケの説明になりますが、他にも隠れボスとしてハコビヤやグリルなどが登場しています。コチラに関しては別記事で詳しく紹介していこうと思っていますので、そちらの記事は更新次第コチラにリンクを貼ります。

何かオオモノシャケの攻略法で良い方法などありましたら是非コメントしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。