【ラッシュ攻略】ヒカリバエの時の戦い方・ステや武器ごとの立ち回り解説!

ラッシュ

サーモンランの特殊WAVEの1つであるラッシュはチームワークがもっとも重要なイベント戦です。

立ち位置武器の役割納品タイミングといったあらゆる要素が絡んできます。

ラッシュでは金色のハエであるヒカリバエが集まっているプレイヤーに雑魚シャケと金シャケが向かってきます

しかし、雑魚シャケと金シャケは『常時攻撃』を行っているので、

タゲ関係なく下手に接近するとダメージを受けるので、ラッシュでは注意してください。

ラッシュについて

金シャケから排出される金イクラについて

金シャケから出る金イクラは1体の金シャケから3個の金イクラが排出されますが、

それらは単体判定であり、タマヒロイは1個拾ったらすぐさま持ち帰ってしまいます

そのためラッシュで殲滅の時間を費やし過ぎていると、どんどん回収されてしまうので金イクラ納品する時間をしっかり見極めてください。

ラッシュ時のタゲ(ヒカエリバエ)変更について

ヒカリバエのハエ役HPゼロになるのと、海に落ちるのとでは

タゲが変わるタイミングが若干違います

HPがゼロになる⇒すぐさま別の人にタゲが変更

海に落ちた場合⇒すぐには変更されない

そのため満潮時にヒカリバエにタゲにされていてやられると思った場合は、

ハエ役の人がわざと海に落ちて雑魚を一旦海に引き寄せ、

他3人で態勢を立て直すという戦術もあります。

どのブキ・ステージでも共通するNG行動

ラッシュでは全員の連携が大事ですから、以下の2点を絶対に意識した上で立ち回るようにしましょう。

高台下船外の金イクラを拾いに行ったり、別の場所からシャケを撃とうとして孤立する

②ヒカリバエが付いていないのに壁に張り付く

①については孤立をすることによって、ヒカエリバエのタゲが変わった瞬間に

これまでのシャケ達のルートが一気に変わる可能性があります。そうすると全員の連携が崩れて立て直せなくなるかもしれません。

②に関してヒカエリバエが纏わりついていないのに壁に張り付くことは無意味です。むしろ仲間の足を引っ張ってしまうことになるでしょう。

ラッシュにおいての武器の立ち回り方

4人のバイト生

【シューター】

ラッシュ時の金シャケとどめ役、もしくは雑魚シャケの止め役として重要。

注意してほしいのは、味方の後ろから正面に向けて攻撃しても

味方に攻撃が吸収されて、その奥にいるシャケに攻撃が届かないことです。

他の味方と合わせて攻撃するのではなく、味方のインクが切れたら味方のインクが回復する合間に攻撃し、

味方と上手く『攻撃役』と『回復役』を交互に行えるように立ち回るのが理想です。

【ローラー】

ラッシュでは雑魚シャケや金シャケがこちらに突っ込んでくることが特徴です。

そのため、ローラーは『振る』のではなく『轢く』を意識してください。

全てのローラーは雑魚シャケに対して轢き攻撃により確定1で倒せます

ただし、下手に移動しながら轢いていると必ずインク切れを起こします。

そのため、移動スティックをわずかに前方に傾ける『低速ローラー』という技を覚えてください。

低速ローラー』は、ほんのわずかだけ前に少しずつ移動するローラーです。 この方法を用いれば少量のインクで長時間雑魚シャケを倒し続けることができます。

この『低速ローラー』がラッシュにおいて味方全員の壁役を背負う重要な役割となっています。

しかし、これでもインク切れを起こします。

そのため、雑魚シャケの侵攻が途絶えた瞬間を見計らってインク回復をします。

ただし、イカモードになってインク回復を行おうとすると

潜伏からのインク回復開始のタイムラグ』と『ヒトモードに戻ってからのローラーセットのタイムタグ

で動作と対応に時間を奪われる恐れがあります。

そのため、『ローラーは振り下ろしたままで動かない自然インク回復』をオススメします。

この状態であれば、壁役に戻るのにスティックを傾けるだけなので、ローラー次第では1~2秒の時間短縮ができます。

注意してほしいのは、ローラーを振り下ろしたままスティックを傾けないと自然インク回復は行えるが、攻撃判定は発生しないという点です。

ローラーの轢きに攻撃判定を加えるのはスティックを傾けることが前提なので、そこは絶対に覚えてください。

また、同期ズレによりローラー以外の視点で雑魚シャケがすり抜けてくるバグがありますので、

ラッシュでのハエ役の人は注意してください。

【ブラスター】

ラッシュにおいて、ブラスターもローラー同様に雑魚シャケを同時に大量殲滅できる能力があります。

ブラスターの重要な点は『直撃を当てる』のではなく『わざと直撃をさせずに、爆風で多くのシャケに当てる』ことです。

全てのブラスターの爆風は雑魚シャケに対して確定1で倒すことができます。

また、ブラスターで撃つ場所は『分岐点がある位置』が理想です。

分岐点のある位置』を爆風が覆うように打てば、最低でも三方向の雑魚シャケを倒すことができます

これを率先して行う事で、雑魚シャケラッシュによるパンクを抑えることが出来ます。

【チャージャー】

チャージャーはラッシュWAVE時、優先的に金シャケを狙ってください

リッターを除くチャージャーは金シャケを一撃で倒す事ができないので、

フルチャの一撃を与えてHPを削り前衛の負担を軽くするのが理想です。 金シャケがいるときは、例え遠くてもHPを削っておくのが重要です。

リッターに関しては、一撃で倒してしまう分だけ打つタイミングが難しいですが、

寄せテッパン』『寄せヘビ』を処理する位置ぐらいで倒すと安定すると思います。

ラッシュの失敗は『全滅』が多いので、『寄せモグラ』(つまり敵との距離が近すぎること)と同じ感覚だと、パンクする恐れがあるので注意してください。

【シェルター】

パラシェルター・キャンピングシェルターの飛ばした傘は雑魚シャケが確定1ですので、

味方のインクを回復する時間を作る時』や『金イクラを納品する時』に飛ばせば、安定して動くことが出来ます。

パラシェルター・キャンピングシェルターは、メイン攻撃連射することよりも傘をいつでも飛ばせるように、

常時インクをコントロールして立ち回ると全員の生存率が上がります。

【スロッシャー】

スロッシャーは機動力がありますが、インク管理に注意しないとすぐに切れるので注意が必要となります。

こまめに回復しておかないと足場がなくなり倒される可能性が高いです。特に湧きが多いラッシュなどの状況ではインク管理を重視しておきましょう。

雑魚シャケが一発で倒せることから一発の攻撃力が高い特徴があります。

スクスロ以外は向かってくるシャケの列に「当てる」のではなく、「上からインクを被せる」ことを意識することで、効率よく雑魚シャケを処理できるでしょう。

またバケスロやヒッセンは広い攻撃範囲がありますが、スクスロに関しては攻撃力が高いものの、直撃を取ることが難しいので難易度の高い武器といえます。

【スピナー】

前線ではなく一歩後ろに下がって仲間のサポートをすることが多くなる武器です。

攻撃力が高い分、インク消費も非常に激しいのが特徴です。ハイドラントの場合は後衛として立ち回る必要があります。

しかしハイドラントの場合は、チャージャーと同じく長射程で攻撃力も高いことから、フルチャで遠い距離から迫る金シャケを倒す人も多いです。

そうすると排出された金イクラも遠い位置になってしまうため、納品が難しくなります

そのため、遠い距離からフルチャでトドメをささず、一定の距離に近づいたらフル攻撃で金シャケを倒しましょう

ステージごとの金シャケ解説

ステージⅠ:シェケナダム

kinsyake_1

ラッシュの時の基本は赤ゾーンに全員が待機し、2方向からやって来るシャケを倒す方法が適しています。

kinsyake_2

低速ローラーは「」の位置で壁役を行い、ブラスターは「」の分岐点に爆風を出して多くの雑魚を殲滅してください。

kinsyake_3

金イクラはこの範囲で散乱します。

kinsyake_4

場の金イクラが溜まるか、金シャケを3体くらい倒した後にハエ役が変わったタイミングを見計らって赤ゾーンの壁に引っ付いてシャケを下に誘導します。

その間に他の3人が金イクラを可能な限り納品してください。

そのため、夜が見えた瞬間(ラッシュでなくても)に満潮だろうと1デスしようともこの壁は絶対に塗る事をオススメします。

kinsyake_kabe kinsyake_kabe1

 

ステージⅡ:ドンブラコ

ドンブラコは他のステージと違うので要注意です。

待機する赤ゾーンにより、シャケの動きと金イクラが落ちる場所が大きく変わります。

kinsyake_5 kinsyake_6 kinsyake_7

ハエ役がカゴ横にいる画像2のパターンが理想です。

ラッシュである程度金イクラが溜まってきたら、ハエ役以外が1~2人雑魚を処理しながら前のイクラを回収するのがベストです。

ただし、回収を行っていると画像1のパターンになりつつあるので、遠い金イクラは極力放置して画像2のパターンに戻してください。

ドンブラコラッシュ参考動画(動画提供)

いつもお世話になっている@ST_orange_さんから動画提供していただきました。撮影は@spa_suiさんです。

動画では「全滅回避のボム」と「リッターでの金シャケ狙撃」に注目をしていただきたいです。 全滅回避ボムに関しては、一瞬全滅になりましたが生存状態の時にボムを投げたことで、それが浮き輪に当たって味方を復活させています。全滅しそうな場合はボムを投げておくことで全滅回避できることもあります。

ボムによる全滅回避については下記の記事でも取り上げているので、是非チェックしてみてください。

またチャージャーは基本的に雑魚シャケではなく、金シャケを狙っています。リッターの場合は一撃で倒せますが、チャージャーの場合はフルチャでも一発で倒すことができないので注意しましょう。

チャージャーやリッター系が金シャケを狙うことで、早急に倒して金イクラ回収がしやすくなるというメリットがあります。 しかし、遠くで倒してしまうと金イクラが遠い位置になるので注意してください。

ステージⅢ:海上シャケト場

kinsyake_8

ラッシュの基本は赤ゾーンに全員が待機し、1方向にまとまってやって来るシャケを倒す方法が適しています。

kinsyake_9

低速ローラーは「」の位置で壁役を行い、ブラスターは「」の分岐点に爆風を出して多くの雑魚を殲滅してください。

kinsyake_10

シャケト場の金イクラは基本室内に散乱します。

場の金イクラが溜まるか、金シャケを3体くらい倒した後にハエ役が変わったタイミングを見計らって

赤ゾーンの壁(上部分)に引っ付いてシャケを下に誘導します。

kinsyake_11

また、ローラー・ブラスターがない、もしくは処理速度が全体的に遅い武器編成の場合は、

ハエ役は赤の柱に引っ付いて真下にやってきたシャケを他3人で駆除する方法もあります。

この方法は、処理要員が一人欠落するのと意思疎通ができないと扱いにくい欠点がありますが、どの武器編成でも対応が可能です。

kinsyake_12

上記のどちらの方法を用いても構いませんが、共通するのは後ろの壁は夜が見えた瞬間に絶対塗るという事です。

kinsyake_kabe4

ステージⅣ:トキシラズいぶし工房

kinsyake_13

ラッシュは基本赤ゾーンに全員が待機し、1方向にまとまってやって来るシャケを倒す方法が適しています。

kinsyake_14

低速ローラーは「」の位置で壁役を行い、ブラスターは「」の分岐点に爆風を出して多くの雑魚を殲滅してください。

kinsyake_15

金イクラはこの範囲で散乱します。

kinsyake_16

場の金イクラが溜まるか、金シャケを3体くらい倒した後にハエ役が変わったタイミングを見計らって赤ゾーンの壁に引っ付いてシャケを下に誘導します。

kinsyake_17

また、左ではなく右を待機する場合は、一見距離があって左より楽と感じる部分もありますが、

射程が足りなかったり、死角があるなど、雑魚シャケが多く溜まりすぎてパンクする恐れがあります。

そのため、雑魚を早めに多く殲滅しやすい左がラッシュの時では理想です。

kinsyake_18

夜が見えた瞬間に満潮だろうと1デスしようともこの壁は絶対に塗る事をオススメします。

kinsyake_kabe2

トキシラズラッシュ参考動画(動画提供)

こちらも@ST_orange_さんからの提供動画になります。

トキシラズではこの壁を使って誘導することで、雑魚シャケや金シャケがターゲットに向かって下へ降りていきます。その間に落ちた金イクラを納品することができます

ある程度金イクラが落ちた時点で、ヒカリバエのターゲット者は壁セミのテクニックを上手く活用して誘導しましょう

ステージⅤ:朽ちた箱舟ポラリス

ラッシュ

ポラリスのヒカリバエは、『待機組』と『回収組』で分かれて戦います。

待機組』は、タゲのプレイヤー(必須)と他のプレイヤーが目安1人。
回収組』は、タゲではないプレイヤーが目安2~3人です。

『待機組』は赤位置に立ち、横から来る鮭を処理してください。
『回収組』は黄色位置周辺に立ち、黄色位置に来る鮭を処理してください。

この時、金イクラを納品していいのは回収組だけで『待機組生存を意識して赤から極力動かないでください。

タゲのプレイヤーがライドレールに乗ると、鮭はライドレール出口に向かいますが以下の現象があるので注意してください。

通常waveでライドレールに乗っているタゲのプレイヤーがライドレール上でジャンプすると、鮭の移動先がライドレールの出口ではなく、ジャンプした真下に一時的に変更される

これを知らないと鮭が段差下に降りていき、納品が足らなくなる恐れがあります。

通常wave限定ですが、金イクラを場に残しすぎるとタマヒロイのせいで、鮭の進行が妨害されて納品不足になる事もあります。

タマヒロイが壁となり鮭の進行を遅くする、タマヒロイを起因として雑魚鮭が逆走バグを起こして鮭の進行を止める。

通常ポラリスは納品不足しないようにタゲ以外のプレイヤーが積極的に動く満潮ポラリスは全滅しないように全員が連携して動く重要となります。

ポラリスのヒカリバエ待機位置は必ずしも『ここ』とは決まっていません。

私が上記を指定したのは以下の理由からです。

■1の左のデッパリ:後ろが狭く、ライドレールもあまり時間稼ぎにはならない。
■2と3の下のデッパリ:左右2ヵ所から来る恐れがあるので対応が難しい。

終わりに・・・

今回もサーモンランのフレンド様にご協力していただき記事を作成しました。

ラッシュでは1人欠けるだけでもかなり痛いので、全員が協力することを意識しておきましょう。野良の場合、もしかしたら誰かが遠い場所に行ってしまうこともあると思います。実際私も野良でそういう経験をしたことがあります。

その時はカモンを使って呼び戻すなど積極的にコマンド機能を活用しましょう。

1人1人が意識をすることで、全滅や納品不足になることなく安定したクリアを目指すことができます。是非皆さんもコチラの記事を参考に実際のサーモンランのラッシュで実践してみてください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。