【チャージャー立ち回り解説・基本おさらい】ナワバリやガチマの立ち回りや立ち位置を意識しよう

チャージャー

前回はシューターの基本立ち回りや、ガチマッチで大切なことに関しての記事を取り上げました。

今回はスプラチャージャー&スプラスコープ、リッター4k&4kスコープといった『チャージャー』についての立ち回りと基本編についてご紹介します。

記事内容に関してはチャージャー使いのS+4人の方にご協力していただいています。

普段のナワバリバトルやガチマッチで意識している点や、チャージャーの立ち回りとして重要なことなど、たくさんの意見をお聞きすることができました。

それらをまとめて下記からご紹介していきます。

まずはチャージャー武器の種類について1つずつ見ていきましょう。

Contents

現在登場しているチャージャー武器一覧

武器名 サブウェポン スペシャルウェポン
スクイックリンα

スクイックリンα

ポイントセンサー

ポイントセンサー

インクアーマー

インクアーマー

スクイックリンβ

スクイックリンβ

ロボットボム

ロボットボム

イカスフィア

イカスフィア

スプラチャージャー

スプラチャージャー

スプラッシュボム

スプラッシュボム

ハイパープレッサー

ハイパープレッサー

スプラスコープ

スプラスコープ

スプラチャージャーと組み合わせは同じ
リッター4K

リッター4K

トラップ

トラップ

アメフラシ

アメフラシ

4Kスコープ

4Kスコープ

リッター4Kと組み合わせは同じ
スプラチャージャーコラボ

スプラチャージャーコラボ

スプラッシュシールド

スプラッシュシールド

キューバンボムピッチャー

キューバンボムピッチャー

スプラスコープコラボ

スプラスコープコラボ

スプラチャージャーコラボと組み合わせは同じ
14式竹筒銃・甲

14式竹筒銃・甲

カーリングボム

カーリングボム

マルチミサイル

マルチミサイル

リッター4kカスタム

リッター4kカスタム

ジャンプビーコン

ジャンプビーコン

バブルランチャー

バブルランチャー

 

4kスコープカスタム

4kスコープカスタム

リッター4kカスタムと組み合わせは同じ
ソイチューバー

ソイチューバー

キューバンボム

キューバンボム

スーパーチャクチ

スーパーチャクチ

ソイチューバーカスタム

ソイチューバーカスタム

カーリングボム

カーリングボム

ジェットパック

ジェットパック

現在チャージャー武器は全部で13種類登場しています。

チャージャー初心者にオススメの武器は!?

今回チャージャーの記事作成にご協力していただいた方達にオススメの武器を教えてもらいました。

スプラチャージャーですね。

スクイックリンは射程が短いため、近距離からのエイムに慣れなければならなくこれは初心者には難しいです。

リッターは射程が長いと言うよりインク消費が激しく、確実に当てるエイム力が必要なので初心者にはオススメしません

スプラチャージャーなら中距離から攻撃を撃てますし、近寄られても無印ならスプラッシュボム、コラボならシールドでやり過ごせます。インク管理もしやすく、安定して攻撃を行えます。

スコープはある方が狙いやすいと思いますが、チャージキープがあるスコープ無しの方が個人的には好きです。これは好みの問題だと思います。チャージャー系はどれも良いスペシャルを持っているので、慣れてきたら自分に合うものを探すのがいいと思います。

僕は無印スプラチャージャーが自分に合っています。

自分はガチマに行くならスプラチャージャーだと思います。 初心者のときはエイムが合いづらいので、メイン武器の攻撃であまり倒せないと思います そのためサブ、スペシャルを駆使して立ち回ることが必要となってくるので、チャージャの中ではスプラッシュボム、ハイプレの組み合わせであるスプラチャージャーが良いと思います。 スコープ有りよりもスコープ無しの方が良い理由は、チャージした状態でも周りを見やすいからです。スコープだと視界が狭くなるというデメリットがあるので、初心者にはスコープなしからをオススメしたいですね。 慣れてきたら自分の立ち回りにあった武器を選んだら良いと思います(例えば凸気味に立ち回りたいならばスクイックリンなど)。
初心者が使うのなら断然スプラチャージャーがいいと思います。 スクイックリンや竹…リッター、ソイチューバーなどは どれもクセが強く使いづらいからです。例えば竹。竹はチャージこそ早いものの2確でかつ塗りにくいためエイム力&試合の把握が必要になります。リッターはインク管理…スクイクは近距離エイム…など難しい点があります。 スプラチャージャーはチャージャーの中でもバランスが取れており、近距離は置きボム、遠距離はメイン、超遠距離はハイプレ、と全ての範囲で戦うことができます。また塗り力もあり味方のアシスト&(ホコなら)道作りもできます。 スコープはある方がいいのかない方がいいのかですが、これはもう人によると思います。使ってみるのが1番です。スコープの方がスコなしよりも少し射程が長いとか、スコなしは周りが見渡せやすい…とか、自分自身で感じるのが1番です。 慣れてエイム力がつけば他のチャージャーに手を出すのもいいと思います。 >余談ですが最初のうちはドラックショットをしないように…( ˇωˇ ) 射線ガバ見せでいいので当てることを意識しましょう

3人からおすすめのチャージャー武器を聞いたところ、全員共通で「スプラチャージャー」がおすすめだとのことでした。

チャージャーはエイムが必要不可欠となるので、チャージャーを使用する方は試し打ちなどで練習をしてみてから自分に合う感度を確かめておきましょう。

またチャージャーの攻撃の仕方や立ち回りが分からない、という方はYouTubeやTwitter動画を参考にするのも一つの手です。

記事だけでは分からないことでも、動画を見ることで立ち回りや武器の使い方などを詳しく知ることができますよ。

全ルールで共通するチャージャーの立ち回りや基本編

試合風景

■常にチャーポジションを変える

チャージャーは同じ場所に居続けると位置がバレることから、敵に狙われやすくなってしまいます。

シューターなどに近づかれると回避が厳しいため、前には出過ぎず、常に敵が視界に入るような場所を意識しましょう。

例えばバッテラストリートなら、ステージ左側通路を見張ったり橋の上で敵を牽制したりすると効果的です。

また、味方が敵と交戦中で辛そうにしている時は、味方を援護するような動きをすることも非常に大切です。

チャージャーは射程が長いことから、味方が戦っているときに敵の足場を奪ったり味方の支援に回ったりもできます。

■初動は素早く高台などに登り、チャーポジ確保

なるべく早くチャーポジを確保するのは、初動でいち早く相手の位置を確認してキルをするためです。

初動で何人か倒すことができれば、敵チームの人数が減るため有利となります。但し、初動で相手を素早くキルするためには、エイム力が必要となります。

また初動で敵をキルをしたり、敵の打開時に正面に圧力かけるだけでなく、後ろも見てあげることで前衛武器であるシューター系が動きやすくなるでしょう。

■下がるべきタイミングを身につけ、なるべくバトル中のデスを減らす

ステージの場所やバトル状況に応じて攻めるべきか、引くべきかを判断することが大切です。

そうすれば打開の道筋にも繋がり、敵チームを抑えていくこともできます。

常に全体を把握するのはとても大事です。

先回りして射程を生かして撃ち抜く、味方が全員落ちして自分自身も危ういなら一旦リス地に戻るなど、チャージャーはスペシャルにハイプレやボムラッシュ、アメフラシが付いているため、デスするのはもっての他です。

■チャージャーだからといってルールを無視しない

エリアを塗らない、ホコを持たない、ヤグラに乗らないといったことはせず、常にルール最優先でいきます。

敵をキルするだけではバトルで勝つことができず抑えられてしまうでしょう。後衛武器だからといってキルに集中ではなく、ルールも優先してバトルをしていくことが大切です。

■チャージャーは常に裏取りには警戒をしておくこと

後衛になることが多い武器であるチャージャーは、敵の前衛武器であるシューターに狙われやすいです。

自陣に入ってきた敵にいち早く気付くことができれば、すぐに後退することができるでしょう。それができない場合は最初の犠牲者になります

■敵にチャージャーがいるときはライバルと思え

遠距離武器を狩るのが重要な仕事になります。
相手の遠距離武器に撃ち負けると味方が不利になるので、相手の遠距離武器を倒すことができれば味方の前衛が戦いやすくなり、勝利に繋がります

【ガチホコ攻略】チャージャーの立ち回りや重要ポイント

ガチホコ

■基本的に味方の前に出ない(前線に立ち過ぎない)

前線へ突っ込んでしまうと、敵に近づかれたときに逃げることができずやられてしまう可能性があります。

前線ではなく後衛にいることで、ホコ持ちが攻めてきた時にカバーすることができるので、チャージャーは後衛が向いているといえるでしょう。

■試合開始後、チャージャーは最初にホコ破りを行う

チャージャーは射程が長いことが特徴なので、遠くから安全にホコバリアを攻撃することができます。

ホコを初動で割ることによって、その爆発により周りを塗ることができる&運がよければその爆発で敵を倒すことができるメリットがあります。

しかし、ホコに夢中になりすぎて他の敵を無視しすぎることがないようにしましょう。

稀に敵の数人が裏に回って攻撃を仕掛けてくることがあります。後衛にいるチャージャーはいち早く敵の位置に気付いて行動することが大切です。

敵がホコを割っているのに夢中な時は敵を狙うのも良し

初動、敵がホコを割るのに夢中になっていて倒せそうだと感じた場合、ホコ割りを優先するのではなく、ホコ割りをしている敵を倒しにいくのも一つの手です。

上手く敵を倒すことができれば人数を減らせるので初動でかなり有利になります。

ただし、その際エイムに自信がない場合はホコを膨らませて敵にホコを割らせないようにしましょう。

■攻める時:チャージャーはホコを持てる時は持とう

味方が攻めるときはできるだけチャージャーがホコを持つようにしましょう。なぜなら、チャージャーは前線を上げる事には少し不向きであるからです。

ただし攻める際一直線に進むルートであれば(ほっけふ頭等)、ハイプレ持ちのチャージャーがスペシャルを吐き、その間にホコ持ちが進むことによって、カウントを進めやすくすることもできます。これものホコカウントを有利に進める方法の1つです。

その時の状況に応じてホコを持つべきか持たないべきかを判断しましょう。

他の味方がガチホコを持った時

基本的にはチャージャーなどの後衛が持つと良いですが、先に味方が持ってしまう場合もあります。

味方のホコ持ちが1人でガンガン攻めてしまった場合は厳しいですが、極力ホコ持ちを守るような体勢を取りましょう

ホコ持ちを守るために、フルチャ攻撃で道を作ったり、敵を牽制するなどの立ち回りをするようにしてください。スペシャルが溜まっていれば積極的に使って前線を上げることも大切です。

■攻められている時:チャージャーはホコ持ちを狙う

味方が少ない状況や自陣が塗られている時は、相手がホコを持って攻めてくるでしょう。

チャージャーはホコ持ちを優先して倒すようにしてください。ホコ持ちを倒すことで、敵がもう一度ホコバリアを破らないといけなくなり、時間稼ぎをすることができます。

また、攻められている際全力でホコを割りにいったり惜しみなくスペシャルを使うことで、敵の人数を大幅に減らすこともできます。もしエイムに自信がない場合、スペシャルを溜めておいてここぞという時に使用していきましょう。

【ガチヤグラ攻略】チャージャーの立ち回りや重要ポイント

ガチヤグラ

■ハイプレ、バブルランチャー持ちはスペシャルを溜めよう

チャージャーはまずスペシャルを溜めておくと、後々ヤグラ奪還や人数を減らしたい時に有利となります。

チャージャーのスペシャルはバブルランチャーやハイパープレッサーなど、どれもヤグラなどの一個体を狙うのに最適なものばかりなので、スペシャルを溜めつつ敵を倒しにいきましょう。

■ヤグラに乗るよりもまずは人数を減らすことが優先

チャージャーだけに限らず、他の武器の立ち回りでも一緒ですが、ガチヤグラの初動では敵の人数を減らすことから始めていきます

もし人数を減らさずヤグラに乗ったとしても、一瞬で倒されてしまってカウントが全く進まないからです。まずは敵を倒すことから始めていきましょう。

敵の人数を減らせた場合の立ち回り

敵を何人か倒して人数が減ったところで、乗れる状況になったら積極的にヤグラへ乗りましょう

ヤグラは射程の長い武器が乗るのが良いです。長射程であればヤグラに乗りながら遠くの敵に攻撃することができるからです。そうすればなかなか敵もヤグラに近づけないので、一気にカウントを進めることができます。

射程の短い武器は動きやすいので、前線を押していくのがオススメです。

ヤグラに乗ったら存命優先でキルを狙いましょう。リスポンした敵がどこからくるかなど考えながら敵をよく観察してください。

味方の人数が減ってしまった場合の立ち回り

防衛時は人数不利になったら無理せず後退、もしくはリスポンへ戻りましょう。その際スペシャルを使ってヤグラを止められることもあります。敵に見つからなければ潜伏してやり過ごすという方法もあります。

ヤグラが攻めているときは全員でスペシャルのタイミングを合わせておくと打開しやすいです。

またチャージャーは遠距離攻撃でヤグラに乗っている敵を倒しにいきましょう。

■試合終了間際にカウントで勝っているが攻められている場合・・・スペシャルがハイプレの場合、試合終了時にヤグラに向けハイプレを撃つと、敵は近づけないので、その際味方が乗れば延長なしで勝ちになります。

初動の時点ではあまり意味がないかもしれませんが、試合終了間際のハイプレはとても重要です。

■ヤグラに乗りながらのハイプレは厳禁

明らかに優勢ですぐに敵が攻め混んでくる心配がないなら問題ないですが、基本的にヤグラに乗りながらのハイプレはリスクが高いのでやめておきましょう。当たりにくい上に、もし万が一味方が全落ちした時、咄嗟に動けないからです。

■ヤグラに乗らない時の立ち回り

ヤグラに乗らない時は、前線を牽制したり敵の長射程武器持ちを狙っておくと、敵も動きづらくなるためカウントを進めやすくなります。敵にチャージャーがいる場合はチャージャーを優先して倒しましょう。

自分自身がスプラチャージャーで、敵が4kリッターなどの編成の場合、相手の方の射程が長いので間合いには要注意です。

【ガチエリア攻略】チャージャーの立ち回りや重要ポイント

■後衛武器ということを忘れないで行動すること

前線に立つのではなく、後衛に立って味方を援護するような動きをしましょう。スペシャルを使う前にデスしてしまうと非常に勿体ないです。

エリアに関与できる位置から攻撃をし、なるべくエリア内にいる敵を倒していくことを考えていきましょう。

エリア内で倒すとその分塗ることができるので、もし敵をエリア内で倒すことができればエリア内に味方インクが飛び散って、エリア確に繋がります。

また、エリアを見つつ横から来る敵を見れる位置に立つことや、敵に圧力をかけると前線が下がっていくので、初動ではそこも意識していきましょう。

チャージャーは抑えが強いので、常に射程を駆使した位置やキープを使って安易に降りてくる敵などを倒してください。

味方がやられ始めたら敵の打開が始まってるので、引いて味方のケアをするか自分の方向から来る敵を倒すと打開を抑えやすいです。

抑えは強いですが打開力が低いので、安易に射線を出すと敵が潜伏したり別の場所に行ってしまいます

射線を隠したりキープで敵を倒したり、詰めてくる敵を確実に倒せるエイム力を身につけると、メイン攻撃での素早い打開に繋がります。

■敵の塗り武器を優先に倒す、また最初の敵編成をしっかりチェック

塗り武器であるダイナモローラー、バレルスピナー、またスペシャルでボムピッチャー持ちなどは優先的に倒すようにしてください。

いくら味方側がエリアを塗ったとしても、敵の武器編成によってはすぐに巻き返されてしまう可能性があります。ボムピッチャーなどボムを大量に出すスペシャル持ちはなるべくスペシャルを吐く前に倒したいものです。

そのため最初の段階で敵の武器をチェックして、誰を優先的に倒すか決めておくことも1つの方法です。

■チャージャーは味方のビーコン代わりにもなる

チャーポジションである高台や比較的敵が一気に攻め込んでこない安全なところにいれば、味方のビーコン代わりにもなります。

もし味方が敵に倒されてリスポンしたとしたら、エリアへ戻ってくるまでに時間がかかってしまうでしょう。特に2人や3人落ちてしまうと一気にエリアのカウントを進められてしまいます。

そんなときにチャージャーがビーコン代わりになることもあります。味方が多くやられたときはわざと後退し、味方がスーパージャンプしやすいところへ一時的に待機しておくのも良いです。

■打開時に有利なスペシャル

基本的にはハイパープレッサーが1番楽で味方が復活し詰めていくタイミングで吐くと打開しやすいです。

ボムラッシュは人数が同じ場合に吐いても、敵のボムラ持ちにボムラッシュを返されたり詰められてやられることが多いので、人数有利を作ると打開しやすいです。

エリアの塗りはスプラチャージャー系統は多少はありますが、スクイックリンやリッター等のメインの塗りはかなり弱めなので、こまめに塗っておく事や塗ってる敵を倒すと良いでしょう。

チャージャー系はインク管理が難しいので、インクが切れないようしっかりインク管理もしておくことが大切です。

【ガチアサリ攻略】チャージャーの立ち回りや重要ポイント

ガチアサリ

■近づいてきた敵を倒すため他ルールよりも意識して後ろ、自ゴール付近にいる

チャージャーは後衛武器のため、アサリを敵陣のゴールへ持っていくこと自体が難しいです。

よほど敵の観察力がなければガチアサリを作ってバリアを割ることはできないでしょう。

基本的にガチアサリを作って投げ入れるのは味方のシューターなどの前衛武器に任せ、基本的にチャージャーはキルに専念をするのがオススメです。(余裕があればアサリも集めてガチアサリを作りやすくしておく)

攻めと守りの両方を分けること

アサリはちゃんと集めておき、攻める時はハイパープレッサーやボムラッシュ、バブルランチャーなどで敵の前衛を下げたり敵を倒すと攻めやすいです。

守りも同様でスペシャルを使用して相手がガチアサリをゴールする、またアサリを入れてカウントを進ませてしまうことを防ぎましょう。

■エイムに自信のない人はアサリでのチャージャーはかなり不利になる

ガチアサリはスピード勝負のため、他のガチマッチルールに比べてエイムがかなり重要となります。そのためエイムに自信のない方にはあまりアサリでチャージャーを使うことをオススメしません。

終わりに・・・

今回はチャージャーの立ち回りについての記事を公開しました。チャージャーは絶対にエイムを必要としますので、初心者の場合はまず慣れるまで練習をしてからガチマッチへ挑んだ方が良いでしょう。

敵をキルするだけではなく、守りに入ったりスペシャルのタイミングによっても試合が大きく変化してきます。全種類武器の中でもチャージャーは特に難しいものだと思っています。

スプラトゥーン2では通常のチャージャーにチャージキープという機能が追加されており、それを上手く活用して敵を倒す人もいます。実際私も何度もチャージキープを使っていますが、試合で使えるようになるとかなり良いです。

まずは練習あるのみなので、チャージャーをガチマッチで使いたい方は基本を踏まえて練習を積み重ねていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。