【グリル完全攻略】サーモンランのグリル時の戦い方・ステや武器ごとの立ち回り解説

グリル

サーモンランの特殊WAVEの1つであるグリルは、チームワークが重要且つスペシャルのタイミングや自分の武器の役割を理解した上で攻略する必要があります。

1人倒されると陣形が崩れてそのまま全滅する、というシーンを経験した方も多いでしょう。

また他にもグリルは倒せても、納品不足でゲームオーバーになることもあります。

グリルを倒しながら金イクラの納品数をクリアすることは、高ノルマになればなるほど難しくなります。

今回の記事ではサーモンランの特殊WAVEの1つであるグリルの立ち回り攻略をご紹介していきます。

グリルについての基本情報

まず、グリルについての特徴を理解していきましょう。

タゲ=グリルのターゲットになっている人

アタッカー=グリルを攻撃する人・タゲ以外の人を指す

グリルは序盤1体時間経過で1体追加され、最大2体まで出現するオオモノです。

ノルマが高いほどグリルの速度は早いコジャケの出現数が多いというイベントということを覚えておきましょう。

ただし、ノルマがいくら高くてもグリルの進行ルートはタゲの人の位置で確定されるため、法則性さえ知ればそこまで脅威ではありません

グリルのタゲは出現時はランダムですが、タゲのプレイヤーがデスしたり

リフト・エレベーターに乗ると、グリルは自身から一番近いプレイヤーにタゲを変更するといった習性持っています。

グリルの初級向けの攻略法として、

グリルの倒す目標数倒した数を記憶しているとやりやすいでしょう。

例えば、ノルマ15の場合は5体のグリルを倒せば計15個の金イクラが落ちるので、

6体目以降のグリルをよそへ誘導している間に、他の人が納品すればそれでノルマはクリアできます。(※タマヒロイには注意

では次にグリルで各武器の立ち回りについての説明を紹介します。

グリルにおいての武器の立ち回り方

4人のバイト生

シューター

ガールと武器

基本行動はコジャケ処理役、グリル処理役、どちらも可能。

武器編成に合わせて役割を変える必要があります。

ただし、連射性能が遅い武器(ガロンやケルビン等)グリルを攻撃するのが理想です。

わかば・モデラーなどインク効率が良く高連射の種類コジャケ処理に向いておりガロン・プライム・リールガンなど連射が遅めの種類グリル本体を狙うのが理想ですが、他の編成武器やターゲット次第で柔軟に立ち回るのが良いです。

デュアル以外のマニューバー系(特にケルビン)でグリル本体を狙う際はスライドを活用すると早く処理できるでしょう。

ローラー

ローラー

基本行動はコジャケ処理役

コジャケは振るのではなく轢く

ただし、下手に移動しながら轢いていると必ずインク切れを起こします。

そのため、移動スティックをわずかに前方に傾ける低速ローラーという技を覚えてください。

低速ローラーについては、ラッシュ攻略記事にも掲載しています。詳しくはコチラをご覧になってください。

可能であれば、金イクラ納品は率先して行うことが大切です。

フデ

フデ

基本行動はコジャケ処理役

早く振るのではなくインク効率を考えて振るのが重要。

可能であれば、納品は率先して行うことが大切です。

 

ブラスター

ブラスター

基本行動はコジャケ処理役

よほどに武器編成が火力不足でない限りはコジャケ処理役。

インク切れを起こしやすいのでインク管理には注意する必要があります。

 

チャージャー

チャージャー

基本行動はグリル処理役

ただし、グリルを一撃で止めれるチャージャーはリッターリッタースコープだけです。

他のチャージャーではフルチャージ1発でグリルを止められないので援護射撃が必要

生存意識を高めにして、納品には極力参加せず、攻撃とインク回復を念頭に動くと良いです。

シェルター

シェルター

基本行動はコジャケ処理役、グリル処理役、どちらも可能。

武器編成に合わせて役割を変える必要があります。

できれば、コジャケ処理を優先した方が良いでしょう。

 

スロッシャー

バケスロを持った男の人

基本行動はコジャケ処理役、グリル処理役、どちらも可能。

武器編成に合わせて役割を変える必要があります。

ただし、スクリュースロッシャーはグリル処理を優先してください。

 

スピナー

ボーイ_スピナー

基本行動はグリル処理役

対グリルともっとも相性が良い武器。

生存意識を高めにして、納品には極力参加せず、攻撃とインク回復を念頭に動くことが大切です。

 

グリル戦のスペシャル

グリル戦はグリルの弱点が背後にあることで1人での攻略が難しいことと、大量のコジャケ処理に追われるということもあり、決して少人数ではクリアできません

そのため、1人がやられると残った人にかかる負担は想像以上にものになります

一度崩れたらドミノ倒しのごとく崩壊するのがグリル戦の特徴なので、危険だと感じた瞬間にスペシャルを活用して切り抜けることが重要です。

ジェットパック

ジェットパック

グリル戦でもっとも重要。

ジェッパ砲でグリルに攻撃・味方の蘇生重視し、ジェッパの下噴射でコジャケ処理という多々の同時役割遂行ができます。

また、メイン武器が火力が弱い・射程が短い・連射が遅いに該当する場合は、積極的に使ってグリルを倒しましょう。

グリルは、ジェッパ砲2発で停止できます

スーパーチャクチ

スーパーチャクチ

グリルに当てる位置・タイミングが若干難しいです。

コジャケ処理に使っても問題なし。

また敵を処理するだけではなく、インク回復として使っても問題ありません。

 

ボムピッチャー

ボムピッチャー

コジャケ処理・味方の蘇生を重視。

グリルにも直撃爆風を当てられますが、段差・タイミングが重要となります。

敵を処理するだけではなく、インク回復として使っても問題はありません。

 

ボムピグリル動画

ハイパープレッサー

ハイプレ

扱いは難しいですがグリルに攻撃で使いましょう。

タイミングさえ合えば2体同時に攻撃可能です。

角度を調節すれば、自身の足元にいるコジャケも処理することができます。

ハイプレグリル動画

ステージごとのグリル攻略解説

 

ステージⅠ:シェケナダム

grill

タゲとアタッカーは赤ゾーンで待機。 グリルは緑ゾーンで止めて倒すのが基本です。

2grill

図面の左から来るグリルに関しては赤ゾーンで待機していて問題はありません。

3grill

図面の右から来るグリルに関しては左を経由しないので、誘導ルートを調整する必要があります。

4grill

図面の右からグリルが来た場合は、タゲの人は一度中央に待機して、グリルを中央に向かわせる必要性があります

グリルが坂道もしくは金網突破したあたりで定位置に戻れば、左グリルと同じルートになります。

ステージⅡ:ドンブラコ

5grill

タゲとアタッカーは赤ゾーンで待機。 グリルは緑ゾーンで止めて倒すのが基本。

6grill

図面の上から来るグリルに関しては赤ゾーンで待機していて問題はありません。 グリルが坂道を経由したところで攻撃をしかけましょう

7grill

図面の下から来るグリルに関しては坂道を経由しないので、誘導ルートを調整する必要があります

8grill

図面の下からグリルが来た場合は、タゲの人は一度上に待機して、グリルを上に向かわせる必要性があります

9grill

ただし、グリルが船外に居る場合船上に居る場合では多少ルートが異なるため、 万一にもすでに下ルートから船上に上がっていた場合は、グリルが坂道を経由するまで上で待機してください

グリルが坂道を経由したところで、定位置に戻りグリルの方向を調整して攻撃すれば問題ありません

ですが、ドンブラコのグリルには金イクラを回収+納品を行う際に時間がかかるデメリットが存在します。

よくある失敗例が納品が間に合わない無理な納品作業でグリルのコントロールができなくなるのどちらかです。

そのため、高ノルマのドンブラコグリルはカゴ前グリルという戦法が存在しています。

10grill

まず、タゲの人は定位置ではなく赤ゾーンに待機し、グリルが坂道分岐点を超えた地点でタゲの人が定位置に移動します。

11grill

坂道分岐点を抜けたグリルは、カゴ前を経由して接近するのでこのタイミングでグリルに攻撃していきます。

12grill

この位置で倒せば納品時間は圧倒的に短縮され、最大ノルマでもクリアすることができます

13grill

万が一にもグリルがカゴ前を通過してしまった場合は、タゲの人は上に移動する必要があります

14grill

そうすればグリルがカゴ前を経由するため、コジャケに注意すれば左右どちらのカゴ前グリルでも可能になります。

ドンブラコのグリル誘導動画紹介

@spa_suiさん動画提供

@spa_suiさん動画提供

@spa_suiさん動画提供

@spa_suiさん動画提供

@ST_orange_さん動画提供

@hatenanWRさん動画提供

@hatenanWRさん動画提供

ステージⅢ:海上シャケト場

 

15grill

タゲとアタッカーは赤ゾーンで待機。 グリルは緑ゾーンで止めて倒すのが基本。

16grill

図面の下から来るグリルに関しては赤ゾーンで待機していて問題はありません。

17grill 18grill

このように図面の上・右からグリルが来た場合は、誘導ルートを調整する必要があります

19grill

図面の上からグリルが来た場合は、タゲの人はこの柱に引っ付いてグリルをカゴ前に誘導する必要があります

グリルがカゴ前に来るか、グリルが停止したら定位置に戻って攻撃しましょう。

20grill

図面の右からグリルが来た場合は、タゲの人は一度段差に降りてカゴより下の位置で待機し、グリルが下に向かうように調整してください

グリルが下の分岐点に入ったところで定位置に戻れば、下ルートと同じになります。

21grill

また、図面の右から来たグリルをこの位置で倒すことも可能ですが、コジャケと別グリルには注意してください。

wave開始直後の一匹目のグリルなら上記の心配がないので、この位置で倒すのも時間短縮する意味では戦略として大いにありです。

また、高ノルマ満潮で納品が追いつかない場合、コンテナ裏の外壁(ラッシュと同じ場所)に張り付くことでグリルを室外に誘導でき、納品タイムが作れます。

kinsyake_kabe4

味方がやられた時の立て直しにも使えるので、コンテナ裏の外壁は事前に塗っておきましょう。

ステージⅣ:トキシラズいぶし工房

22grill

タゲとアタッカーは赤ゾーンで待機。 グリルは緑ゾーンで止めて倒すのが基本。

23grill

図面の下から来るグリルに関しては赤ゾーンで待機していて問題はありません。

24grill 25grill

図面の左・右からグリルが来た場合は、誘導ルートを調整する必要があります

26grill 27grill

図面の左・右からグリルが来た場合は、タゲの人はこの位置に移動し、グリルの進行ルートを調整する必要があります

グリルがカゴより下の位置に来たら、定位置に戻って攻撃してください

トキシラズいぶし工房のグリル誘導動画紹介

 

@ST_orange_さん提供

ステージⅤ:朽ちた箱舟ポラリス

グリル_ポラリス

ポラリスのグリルの撃退場所の目安は、通常・満潮問わずで、カゴから1段下の場所です。

回収が遅いようにも見えますが、ポラリスのグリルはルートがあまりにも読み辛く、カゴ周辺で行うと全滅する可能性が非常に高いです。

ポラリスのグリルにおいて重要なのは、タゲ役の人がグリルをカゴと同じ段差の場所に誘導せずにグリルの場所をコントロールする事です。

タゲのプレイヤーがライドレールに乗ると、グリルはライドレールの出口に向かいますが、他のプレイヤー視点だとグリルの動きが読めなくなるので、あくまでもライドレールは最終手段として使ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。