スプラトゥーン2Ver.4.9.0アプデ情報!ハイプレやキャンプの弱体化、エクスロはどうなった?

スプラトゥーン2のラストアプデVer.5.0.0の前である、Ver.4.9.0が2019年6月26日に発表されました。

今回のスプラトゥーン2アップデート内容は下記リンクになります。任天堂から発表されているので、今回の全アプデ内容に関してはコチラをご覧になってください。

また今回のアプデをツイッターの動画にまとめてくれた方がいますので、そちらの動画もご紹介。

@neko_Wo3oWさんの動画になります。

「キャンプ耐久比較」・「ブラスター系のホコ割り」・「52.ガロンの足元の塗り」・「96.ガロンのブレ」・「エクスロの塗り」・「クーゲルの長射程ブレ」について動画で紹介されているので是非ご覧ください。

それではVer.4.9.0の詳細について一つずつお話しするとかなり長くなるため、ピックアップしてご紹介していきます。

キャンピングシェルターのカサへのダメージ量アップ

ブキ名 ダメージ量
ボールドマーカー
ボールドマーカーネオ
ボールドマーカー7
約57%
わかばシューター
もみじシューター
おちばシューター
約57%
シャープマーカー
シャープマーカーネオ
約57%
プロモデラーMG
プロモデラーRG
プロモデラーPG
約57%
ノヴァブラスター
ノヴァブラスターネオ
ノヴァブラスターベッチュー
約25%
カーボンローラー
カーボンローラーデコ
約20%
スプラローラー
スプラローラーコラボ
スプラローラーベッチュー
ヒーローローラー レプリカ
約19%
スパッタリー
スパッタリー・ヒュー
スパッタリークリア
約57%

上記で挙げられているシューター系は、キャンピングシェルターのカサへの攻撃力が約57%と半分以上にダメージが増えています

また、ブラスター系もロングブラスターやホットブラスター以外がカサへのダメージ量がアップ。

今回なぜロングブラスターやホットブラスターが触られていない理由については私の推測ではありますが、

Xガチマッチの上位500にて、ロンブラとホット使用者が多かったからではないのではないかと思っております。(あくまで推測ですので参考程度でお願いします)

キャンピングシェルターのカサへのダメージ比較動画紹介

@7s_boldさんからご提供の動画

こちらの動画ではボールドマーカー7を使用、メイン性能の強化は3.5になっています。ボムとメインを当ててかなり早いスピードでキャンピングシェルターのカサを壊しています。

またこちらはキャンピングシェルターのカサの強化ために、キャンピングシェルターの人がメイン性能アップ3.5を付けて検証している動画になります。

最後にこちらはボールドマーカー7とキャンピングシェルターのどちらにもメイン性能アップ3.5を積んでいる動画になります。

他にもキャンピングシェルターのカサの耐久力で検証している人がいるので、掲載許可いただいた動画をこちらでご紹介します。

@sncsplさんからご提供の動画

同じく@sncsplさんからご提供の動画

エクスプロッシャー系は距離の長さで塗りが小さくなった!

@Jyura_1030さんからご提供の動画

発射位置から着弾地点の距離が一定よりも遠い場合、距離の遠さに応じて、着弾点の塗りの半径が最大で約9%小さくなるようにしました。
・平らな場所で最長の飛距離となるように発射してもこの変更の影響は受けませんが、高低差がある場所で遠くに発射すると影響を受けます。(※任天堂サイトからアプデ情報引用)

こちらで書かれている通り、平地では距離に関係なく着弾点の塗りは変わりませんが、

コンブトラックやショッツル鉱山など高低差のある場所から遠くにメイン攻撃をすると塗り面積が減少という効果になっています。

@Jyura_1030さんからご提供の動画

こちらはショッツル鉱山で実際にエクスプロッシャーでエリアを塗ってみた検証動画です。アプデ前の比較動画はありませんが、実際にはアプデ前と比べるとやはり塗り面積が小さくなったという感想らしいです。

イカスフィア弱体化、一定以上の高い位置にかかるダメージ量減少

イカスフィアは通常平らな場所で使う分には特にナーフされていませんが、イカスフィアの攻撃を受ける人の位置によってダメージ量が変わっています。

@esper_beefxさんからご提供の動画

爆発地点よりも一定以上高い位置に対して、180.0ダメージを与えられないようにしました。
この変更により、平らな場所で、スーパーチャクチで滞空している相手や、ジェットパックを使用してBボタンで高度を上げている相手に対して、180.0ダメージを与えられなくなります。
55.0ダメージを与える範囲はこれまでと変わりません。(※任天堂サイトからアプデ情報引用)

スーパーチャクチやジェットパックでイカスフィアにダメージを与えられていたものが、今後大きく変わってきそうです。

ハイパープレッサー弱体化、貫通攻撃のダメージ量減少

ハイプレ

ハイプレに関して提供していただいた動画がないので、こちらは文章のみとなります。

アプデ後のハイパープレッサーは壁貫通による攻撃で1発11.2ダメージ。ハイプレの確定数はアプデ前に比べて1発増えていることから弱体化していることが分かります。

またハイプレのブキで対物攻撃力アップのギアを付けた状態だと、インクアーマーへのダメージが7.425ダメージ。ハイプレの確定数が5発となったため、かなりハイプレの直撃を当てないと倒せないということになりました。

実際にスプラスコープなどの長射程ブキをメインで使用しているXP2550のスプラトゥーンプレイヤーに今回のハイパープレッサーのアプデについて感想をお聞きしました。

王冠チャージャー

今回のアップデートでハイパープレッサーの弱体化がありましたが、使用後の所感をまとめます。 内容として、1つ目はオブジェクト越しのダメージの減衰がありますが、数字上では確定数が1だけ増えました

使用して、かなりキルを以前よりも取り逃しが多かったです。プレッサーの確定数はずっと相手に当てていないと意味がなく、受けた側は普通イカ移動で避けながらかわしていきます。ずっとプレッサーを当てていないと、微量ながら相手はダメージを回復していくんですね。例えばプレッサーの初弾でダメージを与えるとします。アプデ前まではしっかり当てれば初弾でもそこそこダメージを与えることができ、残りダメージの追撃もしやすかったです。

アプデ後は初弾のダメージが少なくなった事で、相手はイカ移動で避けながら徐々にダメージが回復しやすくなり、確定数の違い以上にキルを取り逃す事が多くなりました。

2つ目はアーマーに対して対物効果が乗りにくくなった事があります。対物ギアをつけてもアーマーに対してダメージを与える事が難しくなり、アーマーをまとった敵に対してキルをほぼプレッサーでは取れなくなりました。アーマーをまとっている敵に対してプレッサーを打ってもマップには映らないので、アーマーが剥がれる前に簡単に逃げる事が出来ます。 元々練度の必要なスペシャルで、今後はさらに技術、タイミングを選んで使わないと弱いスペシャルになると思います。

後ろで使わなければいけないスペシャルなので、キルやアシストできないと貢献できないスペシャルです。最低でもマップレ、ステージの地形の把握、経験での敵の移動場所を予測する、敵のスペシャルの有 無を確認、等ができないと意味のないスペシャルになりうるという事が正直な感想です。でも、使いこなせればまだ まだ強いスペシャルの部類に入ると思います。

※マップレ=マップを見て目標に狙いを定めて撃つプレッサーのこと

終わりに

今回はコンテンツが長くなってしまったので、ピックアップでVer4.9.0のアプデ内容をご紹介させていただきました。こちらにないものは任天堂のサイトから詳しいアプデ情報をご確認ください。

次がVer5.0.0の最後の更新、ラストフェスが終わった後にアップデートが行われるようです。最後はどんなアップデートになるのか、スプラトゥーンプレイヤーにとっては気になるのではないでしょうか。

また何か更新情報がありましたらツイッターもしくは、こちらのブログ更新などをしていきます。最後まで閲覧ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。